夜のベンチ short ver.

Loafer
103
1
0

歌詞

作詞:水村宏輔

作曲:水村宏輔

長い夜に 眠らずに夢を見た ここで確かに 君が眠っていたんだ 浅いプールで 溺れるようなものさ 人の心は あまりに儚いから なにをしても 泣きじゃくっても 君は帰らない 呆れるくらい なにもかもが 一緒だった 目の前にあるものすべてで 君に逢いたくなる ひと気のない 夜のベンチで 抱き合っていた 疑いの無い日々 ただ甘えと時間に酔ってた 永遠の恋人 君がどんな人を選んだとしても 僕は君の幸せだけ祈ってる そんなことを 言えるくらい まともな男じゃない 気持ち悪いくらい 離さないでと 言ったのは嘘? 責任があるだろう ひとりの男をここまでにした責任が 恨めしいのは 嫌味じゃないが 真っ直ぐな僕 心変わりなんてできやしないままで あの日へ ひとり引き返してる 抱きしめても キスをしても なにか足りなかったり ギターを弾いても 歌ってても どこか不自然だったり 帰り道を 歩いてても 帰れなかったり 逢いたいとか 愛してるとか 鮮明に現れていく 気色悪いくらい 泣いてるのは 何のため? 苦しむ僕を見て 君が情けをかけてくれればいい 昨日の夜も 夢を見たよ 眠らずに 寄り添いながら いま 迎える朝へ 行こう さあ 残された未来へ

アーティスト情報

歌ものRock & Pops。埼玉を中心に活動しているバンド。 Loaferとは日本語で「怠け者」という意味です LINE@で未発表曲公開しています ID @srp0057m

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or