【ファイル無料配布】「声を聴かせて」(デモ)試聴 山作戰

山作戰
620
7
1

楽曲解説

小規模インディーズのおじさんミュージシャンが1,000人会場に集めようと奮闘するコンサート「ヤマサク春のセンまつり」のために作られた、平成の終わりに聴きたい曲です。 昭和と平成を音楽とともに生きてきた山作戰の物語が今年4月27日(土)静岡市グランシップ中ホールで開催される二度目の1000人コンサートにつながっていく。そんな景色を描いて作られました。 この曲全体のファイルが欲しい方はTwitterのセンまつり公式アカウント https://twitter.com/yamasaku1000 をフォローして「ほしーの!」とメンションまたはDMして下さい。 ※これはデモバージョン(メンバーの手が加えられていないバージョン)です。CD等収録される場合はアレンジが変更される可能性があります。

歌詞

作詞:髙山 真徳

作曲:髙山 真徳

世紀末がもう一度来たような騒ぎだ ぼくらは変わるのかな あえないって 切ながって すれちがって すねてたっけ いまはどうだい 未来が来て あいたいあなたに 闇を不気味に進む時代の背中で 降りることも赦されず肩を寄せて 平成の終わりをあなたと 生きている あなたの耳に届いてるなら あなたの何かが動き出したら 贅沢に  その手に触れたい ゆこう ねえ 声を聴かせて いま 電話ボックス 暗い灯り コインを重ねて つないだ 恋い焦がれて 未来を語って 夢にはしゃいで 星に重ねて 焦り壊した さよならだらけ 独りきりで 気づいたら未来だ 夢に年老いて僕が倒れたとして このうたが鳴り止まないことを願う 刻まれる時間を優しく 赦しながら ねえ 声を聴かせて いま あなたの意味を見つけられたら 僕の音がそれに色をつける 描くんだ 辛くても遠くても 嘘でもいい さわれない時代に手を伸ばしたら 懐かしい感触が指に触った そうなんだ さあ手を伸ばして 届く ねえ 声を聴かせて いま

アーティスト情報

熊本出身、東京で20年活動後 現在、静岡で活動中 少しうれいのあるポップなメロディーと歌詞の世界、昭和から平成を生きたひとたちへ寄り添う。 2018年は95ステージをこなし、今年は4月27日に静岡県グランシップ中ホールで再度1,000人を集める「ヤマサク春のセンまつり」を開催する。 アルバム5枚をリリース。 2016年3月13日に初シングル「明けない夜」 2016年8月2日に第4アルバム『山作用』発売

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or