ハルノネ

Adler
3
0

歌詞

作詞:石河尚修

作曲:石河尚修

春になったらあなたの事なんかもう忘れて 独りで新しい夏へ 塞ぎこんでた憂鬱も 窓を開ければほら 誰も知らない場所に飛んでいくよ 夜の底から浮き上がったまま 今夜は全てが僕の味方だ 連れ去って 悲しいことばかり 考えていたから 瞼も閉じれない 本当はすぐ側で 笑っていたいのかな 埃被った写真立てに今は 気づける余裕も無かった 幸せより目立つ涙 そうやって生きてゆくんだ僕ら 違う僕が欲しいのは 終わってしまう永遠より 途切れない一瞬だったんだ 夢が覚めてしまう時 光に刺されて やっと朝に 初めて気づけたな もしも1人に慣れ始めて 痺れた指 日々をなぞる生活を 送っていたのなら このまま死んでしまっていたよ 僕はそろそろ行かなくちゃな 悲しいことばかり 考えていないで 瞼を閉じれば良い 本当はすぐ側で 笑っていたいんだな 埃被った写真立ては今度 綺麗に仕舞っておくから 幸せでも流す涙 そうやって生きてゆくんだ僕ら それぞれが向かう夏へ

アーティスト情報

都内中心で活動中のロックバンド、Adler(アドラー)。2018年結成。 チケット予約はオフィシャルウェブサイトまたはTwitterにて受付。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or