月の無い夜

ran
148
2
0

楽曲解説

真っ暗な夜には 何故か胸にしまっていた思いを打ち明けられそうな気がします。夜が裸の心をもすべて隠してくれそうで。そんな気持ちを歌にしました。

歌詞

作詞:ran

作曲:ran

世界に夜があってよかったな 見えない表情 音だけの暗がり 月も街灯も眠っている 不揃いの足音に少しほっとする 伸びた栗色が隠した項にさえ ひとり想い焦がれていた 今でも 月の無い空に願うはこの瞬間だけ 曖昧な距離で触れる肩は熱く 花の色でさえ 夜が呑み込むのだから 声にならないままで眠っていた二文字も 包み込んで

アーティスト情報

1996

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or