よるのふくろう

Amber.
1,764
20
1

歌詞

作詞:豊永大晟

作曲:豊永大晟

あいにく僕には僕がわかっていないし それもそうかも、も嫌だ アンティークサイズB4 代筆屋でさえも この渦の目はかけない いつも異常にさみしくなって なさけない暮らしを嘆いたり きみにとって僕はなんなのかって 考えていたよ いつも以上に虚しくなって やさしいことばでしきつめる この茨の道をどうくぐる? 宇宙飛行士なら 肺の隅っこで月を飼っている あの子になにを言おう もう癒えない摩擦はほっといて ねえ言えない週末の内緒話をしよう 実は僕の庭にはたまに よるにふくろうが指揮棒を振る だから僕はこうリクエストする 「あくびとワルツして!」 だけどあいつってさ意地悪だから 首を縦に降った試しがない 「きみのためにわるものになってやる!」 ってクラシックを振る このまま飢えてしまえヴァンパイア 幼い歯型でいま僕を噛んでいる わかりたいって噛んでいる! いつも以上にさみしくなって やさしいことばでしきつめた 僕にとってきみはなんなのかって 考えてみたよ いつも以上に虚しくなった 肺の隅で月を飼っている あの子がいつか笑えたなら それだけでいいや

アーティスト情報

―― 造花もわたしも、似たようなものね。 北海道 札幌 3ピースバンド (@_Cadd9_)(@ParkQi_)(@Pandada_drums)

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or