国道238号線

Verxina
5,970
138
14

歌詞

作詞:近藤 夏実

作曲:Verxina

いつかこの夜が朝になったら スニーカーひとつで旅に出よう 海の匂いで包まれるぐらい 知らない街まで すぐ不安定になる毎日は 涙に溶けてあの海の中へ 履いたヒールの高さも慣れない それの繰り返し こんな都会は星も見えないね 一人になりたい夜が過ぎても 優しい顔した悪い男に 捕まる週末 薄れる景色が 滲むゆっくりと 夜は嘘をつく 光りながら 国道沿いにぶちまけた感情 238号線 あの海の外超えたら 私話がしたいの 誰も聞いてないしさ 238号線 あの海の外超えたなら 私全部忘れるよ 今波に攫われて 同情なんて無くならないでしょ? 分かってない あなた 言葉も嵩ばるくらいでしょ 238号線 あの海の外超えたら 私全部忘れるよ 今波に攫われて 238号線 こんな私を許して 「さよなら」なんていらないわ 今波攫われて いつかこの夜が朝になったら スニーカー一つで旅に出よう 海の匂いで包まれるくらい 知らない街まで

アーティスト情報

ヴィルシーナです。桜町2年 Gt.Vo《@natumi7140》Gt. 《@Rikuto11245804》Ba. 《@yutanaka_》Dr. 《@ktrcyo》 Recording by Mr.Ando

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or