びめい
84
3
0

歌詞

作詞:びめい

作曲:びめい

嘘 愛想笑いの裏の微笑や滲んだ夜を、知ってしまえば、一世風靡私を孤独に葬るのでしょう? 社交辞令チックな訳がわからんような甘いような嘘を吐かないでいて せめて紅く華やぐ夕焼けにて路地裏の猫と戯れていたいの 大好きよ大好きと言って 二人身体擦り合わせたのも 全部が幻だったような 愛し合って憎らしくって 虚栄心のリップサービス 声に騙される貴方 馬鹿みたいに笑っちゃって 悠々に生きてるつもり? 重々に承知してるの? また朝が来て 嘘を纏って生きてる人の群れに 怯えないように私は今日も誰かを蔑む 大好きよ大好きと言って 二人身体また擦らせて もう一度夜に向かって 嘘を吐いて更に抱きしめて 生きて生きて生きて

アーティスト情報

#ACID JAZZ #渋谷系#ブラックミュージック#R&B

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or