楽曲解説

luvisです。聞いてくださりありがとうございます。ファーストシングル(仮)のデモ版です。ジャズギターはギタリストのRONOさんに弾いていただきました。これからたくさん曲出していくんで是非よろしくお願いします。

歌詞

作詞:luvis

作曲:luvis

煙立ち込める朝の珈琲 ドーナツ盤は愛を唄う 気まぐれに口ずさんで 時計の針が止まる 日常に埋もれてる 深い底で光る 盲目を解いて 今こそ愛を 遠い街の方で聞こえるその歌は 言葉や時を超えて 遠い未来になって冬の香りがしても きっと温かいだろう 栞挟んだストーリー溶け合って ドリップする日常のワンシーン 紡ぐ言の葉が円を成して 今、世界を廻す 日常の裏側で 巡り巡る唄は 彼方の旅人へ 今こそ愛を 遠い街の方で聞こえるその歌は 言葉や時を超えて 遠い未来になって冬の香りがしても きっと温かいだろう 遠い街の方で聞こえるその歌は 言葉や時を超えて 遠い未来になって冬の香りがしても きっと温かいだろう

アーティスト情報

京都で活動してるシンガーソングライターです。 ちょっとでもええな思ってもらえると嬉しいです。 ツイッター、インスタグラムもやってるので是非フォローお願いします〜

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or