思いきりすって

634
6
0
0

楽曲解説

思いきりすったら、あとは吐くだけの歌

歌詞

作詞:634

作曲:634

思いきりすって吐き出した 弱音と本音 朝が来るたび思い出した 強さとつらさ 今日も昨日と同じ 今日も明日と同じかな 今、空のように飛べなくても 海のように泳げなくても 鳥のように歌えなくても 今のこの気持ち抱きしめて 思いきりすって吐き出した 夢と希望を 昔見ていたスターのように ギターを持って 今奏でるんだ 楽譜は書けなくても 今、テレビのように物知りじゃなくても 時計のように正確じゃなくても あの子のようにオシャレじゃなくても 今のこの気持ち抱きしめて 明日の自分に手を振ろう 壊していけ、現実なんて 一歩踏み出してわかった、逃げていたこと あの日の自分に手を振ろう 勇気を出して頑張ったから 今、思いきりすって 今、今 空のように羽ばたくんだ 海のように大きく強く 鳥のように奏でるんだ これが私の物語 きっと、ずっと、もっと 思いきりすって、思いきりすって

アーティスト情報

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or