まるでいつもの夜みたいに

ひとりぼっち楽団
2
0
0

歌詞

作詞:ひとりぼっち楽団

作曲:ひとりぼっち楽団

あんなに嫌で出ていった この街に俺は住んでる 汐風とタールに塗れた この街に俺は住んでる 憧れた場所に居たこともあった それも昔の話 誰とも繋がらない場所より この街には根みたいなものがあるから 流した街の数だけ 優しく暮れていく 金が入ればみんなで呑んだな 坂の下のおでん屋で 俺はこの街が好きさ 俺はこの街で生きている たとえお前がここからいなくなっても

アーティスト情報

好きにやらせて頂きます

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or