shose

tuyure.
89
2
0

楽曲解説

都会に慣れ、絶望していながらも藻掻いていたあの頃を歌った曲です。

歌詞

作詞:久保田航太郎

作曲:久保田航太郎

「心が死んでしまった」 なんて言葉が似合うようになっていた いつものホームのいつもの乗り場に ただ今日も流されてるだけ 水をやっていたんだ妄想開いて 枯れた花を踏み台に喋る ほつれてとけた糸みたいだ 履き慣らしたスニーカーみたいな潔さは 都会の風で飛ばされてしまった 見えないドアを叩いてるのさ 「全部じゃなくていい」なんてそう言い聞かせながら 僕と僕の鼓動の中にある 未来望遠を打ち抜いて 止まる足と疼く激動 踏みしめた地面は泥水だった 交差した人の群れを 見ていたきっと慣れていた 廻りすぎた日々は錆び付いて空回り 靴紐結び直して 描ききれない地図を片手に 殴り描いた昨日の自分を 抜けるドアと止まる閃光 汚れたスニーカーをもう脱ぎ捨てて 僕と僕の鼓動の中にある 未来望遠を打ち抜いて 止まる足と疼く激動 踏みしめた地面は 「そんな日々が愛おしいよ」 なんて言葉をくれた君もいて また雨上がりAM3:00 ベッドを飛び出して 汚れたスニーカーを履いたままで

アーティスト情報

ありのままを歌う 長野市発 平均年齢20歳 ニューポップ・コアを掲げる4人組ロックバンド gt/vo久保田航太郎 ba/choヨシナガユズキ drえーき info→sizukuband04@gmail.com

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or