雨の夜に

Cat Yawns
107
0
0

歌詞

作詞:樋口友耶

作曲:樋口友耶

声を潜めて泣いていたこと かける言葉選べないまま 傷つきながら歩いた道を 濡らす音響く夜に とめどなく降る雨俯く横顔 届かない距離で何度も名前を呼ぶ声 この雨の中火を灯せるだろうか 次の朝を迎えるまでに 「癒えることのない傷を いくつ受けて強くなれる?」 虚ろなままで問いかける声 答え探す小さな肩 確かめることさえ出来ない暗闇 枯れ果てた声で誰かの助けを呼ぶとき 傘広げ待つ人声が聞こえる 次の朝を迎えるまでは この夜が終わるときまでは 誰も僕らを見つけられない 繋いでは解けていく それでも朝までは 心の火が灯る音が聞こえる 傷ついたままで明日を迎えに行ける どうか消えないで不器用なままで 次の雨を迎えるまでは

アーティスト情報

東京を拠点に活動中の3ピースバンドです。キャットヤーンズと読みます。 Ba.Vo樋口、Gt.畠山、Dr.伊藤

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or