シャイン

土橋ダイスケ
0
0

楽曲解説

沖縄を拠点に活動するSSW・土橋ダイスケ(現ソロ名義はDylar Strandgade)が発表した2010年発売のアルバム『世界の終わりの物語』からのナンバー。

歌詞

作詞:土橋ダイスケ

作曲:土橋ダイスケ

どれだけの言葉を重ねても遠回りなら あなたの悲しみを癒すように 寄り添うから 降る雨は優しく僕らの 肩濡らすけど 見つめるその先に明日があるはずだから ふたりが見る 新しい光に いつかきっと 手が届くように 手を伸ばして 息切らして 声嗄らして 望むものは ひとつだけ 絵に描いた 夢語って 命削って  捧げるのは あなただけ 僕ら思い通りに きっと輝けるから 目に映る世界はいつの日か形を変えるけど 変わらぬ目の前のあなただけ いればいい 誰でもない 素晴らしい自分に いつかきっと 立ち帰るように 舗道に立って 夜を待って 目を瞑って  想うものは ひとつだけ 前に立って 路照らして 手を握って 導くのは あなただけ あなたは望み通りに きっと愛されるから 手を伸ばして 息切らして 声嗄らして 望むものは ひとつだけ 絵に描いた 夢語って 命削って  捧げるのは あなただけ 僕ら思い通りに きっと輝けるから 僕ら思い通りに きっと輝けるから

アーティスト情報

アコースティック、フォークミュージックをルーツとするシンガー/ ソングライター、ギタリスト。※現活動名は「Dylar Strandgade(ダイラー・ストランゲーゼ) 代表曲「ひとひらの花」は、第6回九州沖縄音楽祭グランプリ受賞曲。 「シャイン」は映画「107+1~天国はつくるもの」エンディングテー マ曲としてのべ10万人以上の耳に届いている。 自身のライブ・楽曲制作活動の他、アーティストプロデュース、楽曲提供・ サポートギタリストとしても多くの作品やイベントに参加。 幾多のエフェクトを織り重ねる手法の独特なギタープレイを駆使し、一貫 して「終わりとはじまり」「光と影」「きみとぼく」などの刹那的な世界観を歌いつづけている。コロナ禍の中定期配信ライブもスタートさせ、ますます表現の幅を拡げながら多岐に渡り活動中。 ソロとしての音源は、2002年にシングル「シャイン」を、フルアルバム「世界の終わりの物語」 を2010年にそれぞれリリースしている。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or