COSMOS

ペチコート
15
0
0

楽曲解説

出会いと別れ、日常に潜む喜怒哀楽をキャッチーに歌い上げる。

歌詞

作詞:Kazuhiro Kawazoe

作曲:Kazuhiro Kawazoe

殆ど会っていない友達から電話 悲しい報せも両耳で聞きたいよ 嬉しい訳じゃない 落ち込みもするのだけど 忘れないでいてくれて ふと思い出してくれて 忘れてしまったものは思い出せたものじゃないし 落としてしまったものはもう僕のものじゃないのかな 車の免許を取った18歳で春だった 好きなCDをかけて時々あくびをして レンタカーを借りた 向こう側を目指した この街の高速道路は運転がし辛い 高速道路に乗れば前に進むばかりで 立ち止まることも後ろに戻ることも出来ない 酔っぱらってしまって友達に電話をかけた 特に話したいことがある訳でもないが 話したい言葉が山ほど山ほどあって 僕らは眠ることも止めてしまう 伝えたい言葉が山ほど山ほどあって 朝日が昇ったらさようならなのか

アーティスト情報

都内を中心に活動する神戸出身の4ピースバンド。 日本のトラッドポップを軸とし、 喜怒哀楽がグルーヴする楽曲を武器に新しい懐かしさを体現する。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or