10月の雨

成田あより
6,155
81
0

歌詞

作詞:成田あより

作曲:成田あより

突然降り出した雨に打たれて 濡れた髪を触りながら 公園のベンチに腰掛けた 無邪気に笑うその顔が 胸に突き刺さって痛かった これまでのこと これからのこと 君のこと 嫌いになったわけじゃない さよならすれば もうこれ以上 君を傷つけなくて済むから そう告げた心のどこかでは 君に嫌われるのが怖くて 本当の気持ちは喉の奥 飲み込んだ 突然降り出した雨は止んだのに 濡れた頬は乾かず 俯いて黙り込んでいた 呆れて笑ってくれれば 簡単に嫌いになれたのかな これまでのこと これからのこと 君への想い 忘れてしまったわけじゃない さよならしても また思い出して 一人 涙流す夜があるから 失ってから気付いた気持ちは 君に届くことはなくて 本当の気持ちは喉の奥 飲み込んだ 10月の雨のように 気まぐれな心が二人を引き離す

アーティスト情報

うたうひとです、

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or