to a star(2019 Re-EDIT)

VASEUX
8
0
0

楽曲解説

『Ladies and gentlemen, the "Vaseux" show will start.I'll give you a song of the truth.』『Everything was free.Everything was new.I couldn’t wait for tomorrow.I want something free.I want something new.I can choose my own way.To a place I’ve only dreamed of.』 紳士淑女の皆様、" Vaseux" ショーが始まります。真実の歌をご披露致します.すべてが自由 すべてが新しい毎日明日が待ちきれなかった自由を求めて 新しさを求めて.自分の道を切り開いて 見たことのない世界へ

歌詞

作詞:Vaseux

作曲:Vaseux

『Ladies and gentlemen, the "Vaseux" show will start. 紳士淑女の皆様、" Vaseux"ショーが始まります。 I'll give you a song of the truth. 真実の歌をご披露致します』 ⑴ When I was a child, I liked dancing. 子供の頃はいつでも陽気で When I was a child, I liked drowning. 子供のころは表現も素直で When I was a child, I could love everything. 子供のころはなんだって好きになれていた When I was a child, I knew that you were always besides me. 子供のころはいつだってあなたがそばにいてくれたから Everything was free. すべてが自由 Everything was new. すべてが新しい I couldn’t wait for tomorrow. 毎日明日が待ちきれなかった But let me go papa. でも行かせて欲しいのお父さん But let me go mama. でも行かせて欲しいのお母さん My voice will become wings. 私は声を翼に変えて To a place I’ve only dreamed of. 見たことのない世界へ But let me go papa. でも行かせて欲しいのお父さん But let me go mama. でも行かせて欲しいのお母さん It’s better to burn out than it is to cry on oh babe. 泣いて諦めてしまうより燃え尽きてしまいたいの ⑵ Now I became a woman, I hate dreaming. 大人になって素直になれなくなって Now I became a woman, I hate dedicating. 大人になって一生懸命になれなくなって Now I became a woman, I can’t love anything. 大人になって何一つ愛せなくなってしまった Now I became a woman, I know that you are not always besides me. 大人になったらいつも側にいてくれるわけじゃなくなって I want something free. 自由を求めて I want something new. 新しさを求めて I wish tomorrow never came. 明日が来ることが怖いと思ってしまう I miss you papa. 会えたらいいのに、お父さん I miss you mama. 会えたらいいのに、お母さん I can choose my own way. 自分の道を切り開いて To a place I’ve only dreamed of. 見たことのない世界へ I miss you papa. 会えたらいいのに、お父さん I miss you mama. 会えたらいいのに、お母さん I decided to leave you to spread my wings oh babe. 翼を広げるためにあなたから離れることを決めたの But let me go papa. でも行かせて欲しいのお父さん But let me go mama. でも行かせて欲しいのお母さん My voice will become wings. 私は声を翼に変えて To a place I’ve only dreamed of. 見たことのない世界へ But let me go papa. でも行かせて欲しいのお父さん But let me go mama. でも行かせて欲しいのお母さん It’s better to burn out than it is to cry on oh babe. 泣いて諦めてしまうより燃え尽きてしまいたいの 『Everything was free.Everything was new. すべてが自由 すべてが新しい I couldn’t wait for tomorrow. 毎日明日が待ちきれなかった I want something free.I want something new. 自由を求めて 新しさを求めて. I can choose my own way.To a place I’ve only dreamed of. 自分の道を切り開いて 見たことのない世界へ』

アーティスト情報

Vaseux[ヴァズ]について。鵜沼麻衣子[Vocal,Synthesizer,Toy Instruments]と小久保宏樹[Guitar,Programming,Vj,Chorus ]のエレクトロPOPデュオ/バンド。2016年12月より活動をスタート。結成1ヶ月以内にプリプロ/レコーディングを経て、2017年1月にHP開設、Apple Store他でデモ配信スタートし、4月よりライブ活動始動。音楽性はElectro Popをベースに、鵜沼のバイリンガルな言葉のセンスとスペイン人クォーターの小久保の仕掛ける実験的サウンド/様々なジャンルでコーラジュされるダンスなオルタナティブポップ。 『Vaseux[ヴァズ]とは、フランス語で”泥まみれ”。キャッチコピーは[MUDDY UP,HERE I AM.]。泥まみれに霞んでしまったって気にしないしそれもひとつの生き方と云う意味です。綺麗に生きられなくても好きなことを好きでいたい。音楽は私。音楽で心を通わせてずっと踊って楽しい幸せな時間を築けたら。エレクトロPopにオルタナティブPop、ダンスでアーバンでストリートの匂いする、ちょっと変わったユニット。それがVaseux[ヴァズ]です。 -MUDDY UP, HERE I AM.- Vaseux are an Japanese indie pop group formed in Tokyo Japan in December 2016. Consists of model, vocalist, Maiko Unuma, and composer, track maker, guitar, vj, Hiroki Kokubo, (ex-SupernaturalDelight), and Add, member. And from January 2017, my first demo tracks was distributed from my site , and each site. [Turn my life into music. Love u all. -UM- ]

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or