シムスーサイド

茉莉花
148
7

楽曲解説

自殺した女の子の話

歌詞

作詞:平野寛児

作曲:平野寛児

もしも明日で世界が終わるなら この暮らしの記憶も忘れ去られてしまうの まあいいや、花に水を上げよう 駅前のスーパーで流行りの雑誌でも読もうかな 大切にしたもの 全部溶けたよ 彼岸花の向こうに全部届いたかなんてさ くだらないよな 幸せの意味が分からないまま 海の藻屑になって消えてしまった少女を 帰そうか、愛に帰そうか 優しさだけを込めて抱きしめてた日々の中に 辛かったよな、悲しかったな 知ったようなセリフで君を傷つけてたね ただあなたが美しくて、美しくて まだ体の限りで愛したくて、愛おしくてさ 幸せの意味が分からないまま 海の藻屑になって消えてしまった少女を 笑うなよ、鼻で笑うなよ 優しさだけを込めて抱きしめてた日々の中に

アーティスト情報

高校生ロックバンド

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or