楽曲解説

Ramidus初の音源「月影」。 カッティングで静かに始まりサビで一気に熱がこもる。 人間が抱えている影、またその栄枯盛衰を月で表現した楽曲となっている。

歌詞

作詞:Ramidus

作曲:Ramidus

茜色の空が黒く染まり 見えない道照らす 空から降る光 流れていく日々が 積み重なり 露わになる姿 目を奪われる 天高く登って輝くものは 見上げなきゃいけないほど 手が届かない 他人から見えない影を抱いて 隠して背負い続ける 人知れず 満ち足りてるものも 欠ける定め 探してもきっと 見つからない永遠 終わりがあるから 価値がある そんな事ないと まだ信じている 静寂に包まれて 冴えてく頭 行き着くのは何度も 同じ回答 真実を受け止めて 残ったものは 大切な限りある この時間 天高く登って輝くものは 見上げなきゃいけないほど 手が届かない 他人から見えない影を抱いて 隠して背負い続ける 人知れず

アーティスト情報

時代に囚われないpoprockバンド vo.伊勢(@iseshin002)gt.北郷(@kitagogt2016)ba.大河内 dr.峰 サポートkey.ぴよ contactはメールかDMまでhttps://t.co/YHmQ0miW5F

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or