東京

五秒ルール
242
4
0

歌詞

作詞:本常剛丸

作曲:本常剛丸

背骨の味まで覚えていた いつかの朝にも 死体みたいに眠ってるきみが いなくなりそうで怖くなった 道端に咲いたゲロみたいな ひとひらのふたりも 跡形もなく、残ることなく 消え去ってしまうのかな もういいよ 怒る必要もないし 意味を見つけて 泣かなくていいよ もういいよ ここまでにしようよ ここにいる声は震える あなたの隣で歌っている また明日ね、それじゃあまたね 二人眠って、化石になって また明日ね、それじゃあまたね 二人笑って、手を振った 東京 このまま僕らは終わってくけど わかってるよ、わかってるよ わかってるよ、わかってるよ また明日ね また明日ね、それじゃあまたね 二人眠って、化石になって また明日ね、それじゃあまたね 二人笑って、手を振った 東京

アーティスト情報

バンドです オラーーー Vo/Gt.たけ(まる) Ba.きぬがわ らむ Dr.しゅんた

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or