羊を抱く夜に

尾崎リノ
1,121
24
0

歌詞

作詞:尾崎リノ

作曲:尾崎リノ

羊を抱く夜に 車道側を譲らないでよ あたしはどんどんこの街の左側に 詳しくなっていくのです 右頬の黒子にも気づけないまま ベランダで前髪を切った 近所の工事はまだ終わらない 動物みたいなクレーンに ふっと笑って 朝になれば 回送電車も動いて 化石になった街の氷を朝の光が溶かす 当たり前の 意味を帰り際に辞書で引いてね 屋上があればどこでもいいよ 眠れない夜が僕等にあるの 2人で夜に謝れば きっと許してくれるさ さよならで本文が終わる小説はこの世に何個ある? 努力の数と報われた数はなんか合わない 色とりどりのノートが入った ゴミ袋が捨てられているのは 今日もどこかの誰かの恋が終わった証さ 夜になれば 嫌いなあいつも眠って 羊を数えても何度もあなたの姿が迷い込む 当たり前の意味は一人一人なんだか違う 化石になった街の氷を朝の光が溶かす 今日も生きる

アーティスト情報

♨️

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or