ネオン

赤峰沙英
4
1
0

歌詞

作詞:赤峰沙英

作曲:赤峰沙英

日が静かに沈んだ頃 木枯らしに背を押され こんな看板の下に自分が 入っていくとは思わなんだ 優しくもない照明に当たる長い脚 助けて欲しいとまで言わない、だけれど 見つめていてよ 今の時間だけ 言わないこと、それは聞かれたくないこと 灰が知らない音を立てて落ちていった 時はきっと0時を回った 酒も体中回った 揺れるアルコール、オーロラのよう こんなに綺麗だったか 黒く反射するカウンターと長い髪 本音と建前はどちらが多いだろう 愛想笑いが見極められない 次に会えたときは忘れているだろう だからこそ聞いて心の中まで 時々遠くを見つめる長い睫毛 君の日常には入れないけれど 間違いなく今は瞳に映れる 明日目覚めたならいつもの朝だろう 僕は何も無い表情に戻る

アーティスト情報

憂い帯びた美しさと力強さが溶け合う歌声、 技量の伴う抑揚の効いた歌唱、 切実なリアリティを強く込めながら、 親しみやすい旋律を軸に開放的なイメージを描き出す楽曲が非常に魅力的なシンガーソングライター。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or