hanabi

youthtape
176
2
1

歌詞

作詞:youthtape

作曲:youthtape

揺れる夏の終わり 僕ら浮かれ騒ぎ 裸の心見せびらかしあったけど 距離はまだまだ遠い その横顔の表情の奥の方 笑顔の元は誰の言葉? 青すぎる僕らは 何も語らぬままに 恋を洗い流す 朝焼けの白浜は さよならするような8月の 波間に浮かんだ藍色は 霞む空を晴れ渡らせてく 火つけた最後の花火の色を 思い出している 思い出している 触れる首筋に 流れる汗を拭い 唇合わせ時間を止め合ったこと 今は忘れてそうに ただ無邪気に空見上げ 笑いかけるストーリー 浴衣の袖引くあいつの手 若すぎる僕らは 飽きることを知らずに cheapな恋を買いあさっている 本当にワンナイトで満足できるの? 溺れて行くのが怖いだけでしょ? 火つけた最後の花火の色を 思い出している 思い出している

アーティスト情報

ひとりの帰り道に、寄り添う音楽

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or