Winter Horse

緑茶太郎
0
0
0

歌詞

作詞:緑茶太郎

作曲:緑茶太郎

ある雪の刹那の日だった 果てしない銀世界の中 君は僕の目の前駆けて行った これは現実か幻か 自らに問おうとした時 君はそっと僕に微笑んでくれた 幾ばくもない命が世界のどこかで息絶えるだろう 君は誰かを想い独りでに涙を流すだろう Winter Horse 冬の彼方に (もう一度だけ 笑顔を見せて) Winter Horse 雪の白さに (寡黙な君が 口ずさむ歌) Winter Horse 消えてしまうよ それは僕の見た永遠 凍てつく早朝の空気が 心を芯まで凍らせる 僕の目の前育つはシネラリア あれは本当か嘘なのか いくら考えても分からない それはどう考えても正真正銘 君のせいだよ Winter Horse 優しく振り向いて (離ればなれに なりたくはない) Winter Horse どこにも行かないで (この僕の事 覚えていてよ) Winter Horse 二度と届かない 「永遠(とわ)に訪れる事の/ない奇跡」 があるのだとしたら それは僕の見た永遠 それは駆ける冬の馬

アーティスト情報

神奈川県横浜市在住の大学生。地域は違うがEBiDAN OSAKAの大西翼くんを応援。音楽の趣味は日本のポップスやロックからK-POPまで多岐にわたる。YouTube(https://t.co/ftd6goHvqY)とインスタ(@tsubanishi1215)もよしなにお願いしたい

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or