oyasumi

EMIRI
10
0

楽曲解説

毎年8月の半ばに想像して悲しくなることを歌にしました

歌詞

作詞:山下 海人

作曲:EMIRI

見えず飛び立つ  暗闇の光へ 餞の花 携え君へ 海の上はにかむ 画の2人へ 忘るまじ 悠久の旅へ 街の光が 水面に映る サヨナラの歌 聞かせるメロディ あなたの声が 闇夜に響く サヨナラの歌 6月の朝 見えず飛び立つ  暗闇の光へ 餞の花 携え君へ 依然飛び交う 火の粉のまだその上 あの雲の 中すり抜け先へ 街の光が ガラスに映る あなたの涙 聞こえるメロディ サクラに乗って  旅に出ようか 2度と戻らない わかれのメロディ サクラの欠片 水面に揺れる サヨナラの歌 流れる朝に サクラに乗って 旅に出たのね 2度と帰らない あなたのメロディ 消えず飛び交う 火の粉のまだその上 忘るまじ 8月の朝へ 見えずはにかむ モノクロのあなたへ もう帰らない あの頃の朝へ

アーティスト情報

2019年 結成 Shoegazer×Pop rock

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or