ふたりで

ゆか
0
0

歌詞

作詞:ゆか

作曲:ゆか

言葉にするのが惜しいくらいの声を聞かせてあげる 黄昏時に輝く 僕のこの歌声を 誰も知らない 誰にも聞こえない 贈る宛などなくて 君にこのままたくすから 僕のラブソングを 遠い目をして未来を探す 君も今を生きているから 時が流れて 離れていても 忘れることなどできない程に 恋をしすぎた僕だから きっといつまでも 夢見るだろう まさか今更会えやしないと 心閉ざした隙に いきなり君が振り向いてきたの どう 違うの? 5年経ったの 二十歳になって 二人で話せるなんて 見つめられたらどうしたらいいの とか 一人で 広い野原でなにを話そう 用意なんてしたくはないけど 君は笑って 僕も笑って こだまするように空に広がり 僕にまっすぐ 君の声 聞こえたらいいな 夢見ている

アーティスト情報

21歳になった大学生。ゆる〜く歌を作ってうたっています♪ ゆる〜く歌の波にゆられながら聴いてもらえたらうれしいな❤︎

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or