GLISTEN

麻生導洋
0
0

歌詞

作詞:麻生導洋

作曲:麻生導洋

自ずから然り 闇は照らされ 消し去られる 繋がっていた手が光に切り離される 発射台の木陰に立ちつくすロケットみたいに 旅立ち匂わせ 責付いてたはず その時まで どこからでも いつからでもなく あなたから放たれた符号は僕の目に潜没して 虹の入江にワープした 惑う星の挽歌 ほろほろ崩れて 散らばり ここから見てると霰が舞うよりも他愛ない 星の屑を掬うラジオ 知らなかった曲名が判ったのに 名無しの白昼夢からは醒めない 募らせたものを渡しあぐねたまま 君のロケットとすれ違い 数え続けてきた千載の最果てで再び出逢うだろう 自ずから然り 闇は照らされ 消し去られる 繋がっていた手が光に切り離される どこからでも いつからでもなく あなたから放たれた符号は僕の目に潜没して 虹の入江にワープした

アーティスト情報

蝉が死に クラゲが死んで ザリガニも 名残惜しむは夏場所に 涙こらえる力士かな 秋には米の収穫に 死物狂いでいそしんで 腹を満たした秋場所に 笑顔こぼれる力士かな

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or