月みたいだった

allicholy
5,420
46
1

歌詞

作詞:れい菜

作曲:れい菜

バイト帰り 時計はてっぺんをまわって 真っ黒な道を 白い月が照らしていた 今ならきっと 誰も知らないうちに 消えてしまえる気がして きみの声が聴きたくなったよ 何も言わない 何も言えないまま ぼくらはそっと 手を繋いでいた 優しく笑うけど 永遠はないよ、という きみは月みたいだった 寂しさを忘れるための 優しさをふりかざす ぼくらはなんて脆くてずるい生き物だろう 永遠なんてこの世界にはないと 知っているんだ それなのに また誰かを信じてしまう ずっとって言葉を信じてしまうんだ ぼくがきみの幸せを願うそれ以上に ぼくは ぼくの幸せを願ってしまうんだ そうじゃなきゃきっと優しくすることも ずっと、ずっと、なんてことも いえやしないのに きみと手を繋ぐ 夜の月は いつもきまって 綺麗に見えるよ そういうと いつだって、きみは そうだねというから これでいいんだとおもった これでもいいんだとおもった 何も言わない 何も言えないまま ぼくらはずっと 手を繋いでいた 優しく笑うけど 心に手は届かなかった きみはまるで、月みたいだった

アーティスト情報

allicholy (ヨミ:アリコリー) 平均年齢20.5歳4人組オルタナティブバンド 「皆さまのメランコリックな日常に寄り添える歌を。」 お誘いなどはallicholy2017@gmail.comへ

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or