楽曲解説

高校になじめなくて悩んでいたころに書いた曲です

歌詞

作詞:マナミン

作曲:マナミン

虹が見えたら どこ行こう 雨に降られた 街中で バスの窓からの街並み 雨の雫が閉じ込めた 少しの不安も 握りしめて つむぎ出した この手と手 どうやったって変わらない そんな風にだって思っていた 望んでいた未来だって見えないんだって嘆いていた 不安がってた昨日は 明日にだって 継がれるんだ だから信じられなかった 今の自分を 夜が明けたらどこ行こう 小さな灯り灯して ひとりぼっちでうずくまって 雨の降る音聞いてた 少しの不安は 大きくなって やがて花を 咲かせるの どうやったって変わらない そんな風にだって思える 望んいでいた未来が 遠ざかっていたんだよ 長いと思ってた夜は あっさり明けてしまったんだ だけど何も変わらない 僕の心はまだ 黒い雲が空覆った 太陽が姿消した アスファルト叩く雨 冷たい音が響く でもあの日咲いた花は どこまでも赤いままで 今なら不安の種すら 愛してみせるよ どうやったって変わらない そんな風になんて思わないで 君が望むならどんな未来にだってなれるって 不安がってた昨日は明日はきっと輝く だから君は信じて 今の君のままを

アーティスト情報

新潟住みの現役高校生 ジャンル不問でひとりで色々作ってます 暗闇の中から光を届けたい

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or