マリンガールラプソディ―

終電で帰して
61
0
0

歌詞

作詞:角谷亮

作曲:角谷亮

深いため息をひとつふかしたバスが 海沿いをガタゴト走ってく 肩が触れたあの夏に君に恋した 僕ら以外のすべてが止まってた 大人になってもまだ僕らは そんなこと考えていた あと何十年先の未来で隣にいられるかな 僕たちだけが取り残されたような静かな街 青すぎる空だけが僕らを見ていた 夕暮れが続く次はどこに行こうか 悲しみが溢れない場所へ 息がかかるほど近くにいるはずなのに 明日はもうここにいないんだ 今日は全部投げ出して海を見に行こう あの街まで高速で飛ばすから 消えた砂の絵を埋め合わせるように 君が笑った 横顔を隠し揺れる髪を見ていた 穏やかな時間がなぜか切なくなる 波音が言葉をさらった 大人になってもまだ僕らは そんなこと考えていた 僕たちだけが取り残されたように君が笑った 顎先に触れて揺れる髪を見ていた 夕暮れが続く次はどこに行こうか 悲しみが溢れない場所へ

アーティスト情報

ほんの少しでも惜しまれて終わりにできたらいいな

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or