深夜徘徊

アカハナ
1,018
4
0

歌詞

作詞:ハセガワナオヤ

作曲:ハセガワナオヤ

火の点いた匙の排気をも飲み込み 浮遊した不服も皿に潰す 終末の消火処 路傍に居座る目処無き若人よ三色の指図に倣いながら拝む 回帰する車中の相 昼の渦を滅却して 手にした匙の味に興が凍える 鮮烈な機械音が不意に耳を刺す操縦席の俺は 惑う光景に支配してるような増長してるような 急激な自己否定に冷汗を垂らして紛らわそうとして 感傷が呻きを甲高くさせる 屑と化した匙の残り火も果ててく終焉を迎え入れ皿で潰す 週末の浄化場 鮮烈な機械音が不意に耳を刺す操縦席の俺は 惑う光景に支配してるような増長してるような 不可逆な時系列に憤りを覚えて紛らわそうとして 感傷が呻きを甲高くさせる 徒爾に終わりそうなこの徘徊の末に 再度匙を頂戴致す

アーティスト情報

埼玉、都内を中心に活動するスリーピースバンドです。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or