Flower

PULPS
336
8
0

歌詞

作詞:田井 彰

作曲:田井 彰

話せなくたっていいよ 笑えなくたっていいよ どうしても届けたい 君だけへの歌がある お揃いの靴を履いて 足跡増やさぬように 優しく歩くからさ 身動き取れなくなるんだよ まばたき数えては一人歩きの孤独 薄れる意識の中浮かんだのは 君のメロディ 涙流れ風が吹いて頬伝う頃 染み付いた季節を 忘れないで抱きしめていて 飲まれそうな痛みの果て見失っても 温めた雫は 君を連れ出して光になるだろう 出会えた日の喜びに 確かに見た幻に 手を伸ばしてみたって 指の間をすり抜けてくんだ 約束なんかしてないよ だけどここまで来たんだよ 生まれ持った輝きで 後どのくらい歩けるだろう 隙間に転げてた 1つだけの蕾 飛ばしたい意識の中 震えながら握りしめていた 涙流れ風が吹いて頬伝う頃 待ちわびた季節は 暖かくて全て包んで 繋ぎ止めた希望の果て 花が咲くなら そんな日もあったと 思い返せる時を夢見ていよう 話せなくたっていいよ 笑えなくたっていいよ どうしても届けたい 君だけへの歌がある 日の当たる道外れて 手探りでかき集める 足りない色が揃ったら 揃ったなら綺麗だろうな 涙流れ風が吹いて頬伝う頃 染み付いた季節を 忘れないで抱きしめていて 飲まれそうな痛みの果て 見失っても 温めた雫は 君を連れ出して光になるだろう

アーティスト情報

大阪府八尾市出身。 小学生からの幼馴染みで結成した仲良し4人組バンド。 70年代フォークやUKロックの影響を受けた、どこか懐かしくキャッチーな楽曲が特徴。 ツタロックオーディション、battle de egg2020でグランプリを獲得するなど実力を見せつけ、今後の活動に目が離せないロックバンド。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or