平成最後の夏の夜、またね、

終電で帰して
191
0
0

歌詞

作詞:角谷亮

作曲:角谷亮

生まれた時代の終わりを告げる声がした 目を覚ませば何一つ変わらない君がそこにいた 随分と昔のことのような気がした 突然思い出したようになんだか寂しくなった ずっとここにいられる気がしてたんだよ それでいいと思ってたんだよ 平成最後の夏静けさに飲み込まれそうな 夜の川原を二人で歩きながら 黙り混んだ君がほしかった言葉は わかっていたけど 今までもらったもの全部は返せなくて いつかは何かを与える側に僕もなりたくて 僕の優しさがぐるり回り回って どこかで君を幸せにしたりなんかして いつか思い出すときのために今日はできるだけ覚えていよう 平成最後の夏何かが終わってしまうような 気がして飛び出した僕を君は待ってた 飛んで火に入る夏の虫みたいにさ 儚く消えていく 平成最後の夏静けさに飲み込まれそうな 夜の川原を二人で歩きながら 黙りこんだ君が欲しかった言葉は わかっていたけれど 平成最後の夏何かが終わってしまうような 気がして飛び出した僕を君は待ってた 一度だけ小さく手を振って またね、呟き泣いた

アーティスト情報

ほんの少しでも惜しまれて終わりにできたらいいな

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or