受験生へ贈る歌(仮)demo Full ver./mibuki

mibuki
168
5
1

歌詞

作詞:mibuki

作曲:mibuki

一つの灯りが照らしてる 少し冷えた部屋一人 涙が溢れそうになった 深夜2時 問題を解くスピードは変わらないのに 気持ちばかりが焦っていく ページをめくっては携帯に伸びる手を抑えた 通知音が鳴り響いた「まだ起きてる?」 寝たふりをしてしまいたくなったの (ごめん。) 個人の戦いじゃなくて チーム戦なんだって 誰かが言ってたこと思い出したけど 心に余裕がなくて キレイごとだって思った 一人じゃないって思えたら ライバルさえも仲間って思えたら 高め合って掴み取れるさ 一つの光 桜の下 笑顔で会おうね あの場所で 少し冷えた手を休めながら 色紙に手を伸ばす みんなからの言葉が胸に ささっていく 心細かった 少し冷えた部屋 温かく感じたの 敵はいつだって自分の中にいるんだって 誰かが言ってたこと 思い出したんだ 逃げたい 自分に 勝つんだ 辛いのは 君だけじゃない 1人じゃないんだ 仲間がいるから 後は自分自身を信じれたら 育った 花は咲くよ みんなのもとに 桜の下 笑顔で会えるさ あの場所で 教室に入ると 知らない顔ばかり みんなの顔が頭に浮かんだ 始まりに近づく時計の針を見つめてた 春は来る

アーティスト情報

2000年生まれ19歳シンガーソングライター mibuki。 //メッセージ性の強い詞をキャッチーなメロディーにのせて// 自分の想いを世界中に届けたい。 そして歌が残り受け継がれる様なアーティストでありたい。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or