blind flower

白鳥の下で
501
3
0

歌詞

作詞:フジイケイゴ

作曲:フジイケイゴ

許されたいんだ 私はいつも、傷つくことが何より怖いの 正しさなんてあるわけないよ 誤魔化すことでいつも保ってた 不安は揺り篭から墓場まで 夢の際、曇り空 サザンカが堕ちるのを薄目で見つめた どれほど辛い絶望か分からないのが日常か 変われないから、今はここにいるよ 私があなたを見ていたのは 私を見ていて欲しいから 選べないから全部が欲しくなる ねぇ、動けないまま終わってしまうの? 憧れたって狂えないな 話したい事が無くなって 終わりの窓に触ってみたくなる 見えない明日のことなんて 考えなくてもいいからさ 許されるなら私はこれ以上もう 望まないから、何処にも行かないで どれほど辛い絶望か分からないのが日常か 変われないから、今もここにいるよ 嘘をついてると分かっていた それでもあなたを想っていたい 許された日々にあなたがいなくても ねぇ、動けないまま私は選んだ

アーティスト情報

白鳥の下で 2016 年、春。弾き語りでライブ活動していた フジイケイゴ(vo/gt)を中心に結成した日本語オルタナティブロックバンド。 同年 8 月、HP公開と音源「ホワイトアウト」を公開。10 月5日、Zher the ZOO YOYOGI にて初ライブとなる自主企画イベント『under the swan』を開催。 また都内のヴィレッジヴァンガード・タワーレコード一部店舗にて無料音源を展開 2017 年 5 月 17 日には下北沢 ClubQue にて自主企画イベ ント『Alterna Kemono Friends』を開催。始動ライブから半年ながら約80名を動員し成功を収める。 この日の自主企画よりバンド初となるMV「カルネ」を公開。さらに配信限定シングル「カルネ/部屋」リリース 2018年2月11日それでも世界が続くなら東名阪ワンマンツアー「静かなる反撃」ツアーファイナルぶっ壊しアクトに選出 2018年4月4日、下北沢 Club Queにて FINLANDS、TRY TRY NIICHE、モノクロパンダ を迎え、自主企画イベント 『After School Typhoon』を開催。 五味誠(ZEPPET STORE)をサウンドプロデューサーとして迎え、 new single 「school girl typhoon /​萌芽」 をリリース 2019年9月4日、五味誠主宰レーベル「MINERVA RECORDS」より2nd mini album「mimesis」が発売決定​。 2019年9月11日 新代田FEVERにて paionia、THURSDAY'S YOUTH、SPOOL を迎え、レコ発イベント 『mimesis』を開催。 ​ 2019年10月14日  「FM802 MINAMI WHEEL 2019」 出演 2019年12月7日  「下北沢にて'19」出演

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or