spring sense

SOUSEMOMENT
524
2
0

歌詞

作詞:岡田 祐亮

作曲:岡田 祐亮

答えが限られたような問いかけは またつぼみを枯らしてしまうようで ​言葉に詰まる 帰り道の途中 ​ 寂れた停車場の前で 恋人たちはありきたりな愛情を交わす 三月の夕景が言葉を奪う ​ 嘘をついて 知らぬ顔で笑う ​ 置き去りにした想いは宙を舞った 記憶が湿っていくようで目を塞いだ 曖昧な感情の傍で 鵜呑みにする日々を呆れて笑った 君を想像しているよ ​ 僕らは何も知らないまま 意味もなく春の影を辿って 「さよなら、また会おう」なんてさ 見知らぬ誰かにさえ手を振った ​ 期待に溺れたまま未来を語る 悪い癖さ あの頃の君を想像してるよ ​ このまま街が色付けば ​何かが変わる気がした

アーティスト情報

SOUSEMOMENT(サウスモーメント) 山口、福岡を中心に活動中。 タイトに奏でる演奏の上を繊細かつエモーショナルなボーカルがセンチメンタルな歌詞で踊る、ありそうでなかったジャパニーズオルタナティブギターロックバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or