犀(さい)

齊藤信幸
37
0
0

歌詞

作詞:齊藤信幸

作曲:齊藤信幸

犀(さい) 昨日からの雪で電車が遅れている こんな小さなことで日常は揺らぐのだね 誰も見てやしないのに ふと後ろを振り返る たくさん重ね着をした 人の波が見えた いつ歩き始めた どこへ向かっている 何を手にしたいの なぜそれが欲しいの 雪はただ 音もなく降り続く 小さく問いかけながら 風に耳をすます 今日も 祭りの夜店には いつもヒーロ-のお面が みんな何かになりたくて みんな何かになれなくて 無防備に泣く子供は ときにわずらわしいよね 自分にできないことを 許されているから 知らず知らずのうち 身につけた鎧は 気がついてしまうと そこから重くなる 時だけが 変わらずに過ぎていく どこかに仕舞い忘れた 鍵を探している 今日も 愛されることより ただ愛することを 賢くなる前の 人は選べたのかな 答えなど はじめからないよって 囁く誰かの声を 遠くに聞きながら 歩く 歩く

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or