密林探検隊

nuppe
627
3
0

歌詞

作詞:神克弥

作曲:神克弥

街の灯りは 少しずつ消えてゆく 錆び付いてく想いをそっと閉じ込めて 暮れゆく日を背にして 深くまで行くのさ さあ その明かりを頼って進めばいい 揺れる想いに 気付く時を恐れていたんだ 君を 断ち切ることも出来ぬまま ああ 君の声を いつだって近くで聞きたい それを 許せぬ自分がいても 僕らは日々の中に 何を求めて生きるの 答えを君がくれるなら 月の明かりは 朝の日に陰りながら 錆び付いてく想いを まだ照らしていた 昇り出す太陽が 君を呼び起こすだろう 街の灯りが 届かない場所であっても 変わる想いに 染まることを恐れていても 君を 断ち切ることが出来ぬなら ああ 君の声を いつまでも近くで聞きたい それを 許せぬ自分がいても 僕らは日々の中に 何を求めて生きるの 答えを君がくれたから

アーティスト情報

素直な歌声と、独創的なギターのメロディによる唯一無二のハーモニー。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or