Swimming

POOLS
1,965
41
2

歌詞

作詞:みき

作曲:いでの ・みき

あの日歩いてたこと 忘れられなくなる ''元''暗がりを 0月の幻想(ゆめ)の中へ 籠った頃は もう 窗もないままだと そう気づいた サディスティック 夜を求め 光に溺れてく。 真黒に怯えている 水槽を見て 「ああ、君も仲間?」 って言う。 終着の駅にいる風景と 走り出す電飾を見送る まだ残ってた アイスキュウブの音 リバーブレイションのよう 共鳴し飲み込まれた。 真白に光って降る 夕立を見て 「あぁ、君も仲間?」って問う。 周りは青くなって、耳を塞ぐ あなたの輝きが巡る 掌で踊らされていないで 帰り道思い出に耽る 8月のレシートを破り捨てて 華日をそっと打ちあげろ!

アーティスト情報

京都を拠点に活動するバンド、POOLS(ぷーるず)です。 ご連絡はkusomitainaband@gmail.comまで。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or