梅雨入り

Rutile
10
0
0

歌詞

作詞:柴田修

作曲:柴田修

浮かぶ水草に石を落としたら 沈んでいくんだ 空気の粒を浮かび上げて 弾けたら夢は終わりさ 続きを辿る   紫陽花 花びらを傘にしてるカエル 何にも違わない 雨音だけを聞きながら まどろんで溶けてしまえたら気持ち良いかな アメンボ泳いで震えた水がせめぎ合って 新しい波紋が 6月の雨が晴れたら日差し突き刺さって 動かすさ  乾いた土で僕ら何処へでも行けるんだね

アーティスト情報

gt.&vo. 柴田修 ba.木田麻斗 dr. 水野祐太による3ピースロックバンド、【Rutile(ルチル)】。 https://t.co/llKDgQitKQ movie→https://t.co/gqBfAH7Jwz

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or