楽曲解説

2018年10月20日発売 1st. Single"ぬくもり"より。

歌詞

作詞:monoKatsumi

作曲:monoKatsumi

一つの嘘に始まって、終わりを迎える君と僕 なんども君と話し合って、その度に君は目を腫らした 一つ大きく息を吸って、ため息にも似た深呼吸して、 二つ並んだ歯ブラシを君は静かにカバンに詰めた。 はち切れそうなそのカバンは君が小さく見えるほどです 今までの不満、我慢や思い出もそいつに詰めたの? 何度でも、何度でも君と笑えると思ってた。 いつまでも、いつまでも君といられると思ってたんだ。 二人で築いた夢の城、今ではただのハリボテに変わって それでも僕はここで一人ハリボテのこの夢を守り続けるの。 何度でも、何度でもやり直せると思っていた。 いつまでも、いつまでも君がそばにいると思い込んでたんだ。 君のいない日々も案外慣れてしまうもんだね。 君の方はどうだい? きっと心配なんていらないんだろうな。 何度でも、どんな時も分かり合えるような気がしてた。 君とならどんなことも乗り越えられるなんて夢みてたんだ 何度でも、何度でも君と笑えると思ってた。 いつまでも、いつまでも君がそばにいると思い込んでたんだ。

アーティスト情報

変幻自在のメロディーと心地よい歌声、 聴く人を支える様な、見守る様な歌詞、 沖縄県出身ロックでポップなシンガーソングライター

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or