井の頭の夕立

終電で帰して
63
0
0

歌詞

作詞:角谷亮

作曲:角谷亮

蜩の声響く17時のホーム 突然降りだして急いで電車に飛び乗って そしてまた雨が止んで雲が晴れていくように 夏が少しまた遠ざかっていく いつかと同じこの匂い感覚を 思い出せないまま眺めてる 雨上がりの坂道がざわめいて 何か少し満たされない毎日を 憂うばかりで気がつけばもう8月も終わる 求められてないことに気がついたときにはもう 僕は求めすぎてしまっていた 思い出したアスファルトの 焼ける匂いに込み上げた もう一度僕を見て 雨蛙の唄家路を急ぐ人の群れ 信号待ち並んだ車のライトが点いて そしてまた雨が止んで西の空が染まっていく ほんの一瞬だけ時間が止まったように 優しくしてくれなくたってもういい 笑ってくれなくたってもういいよ 足りないのは期待するからで 何てやけになったふりして たまらなくなって込み上げた もう一度僕を見て 忘れていた思いが掘り返されて今ごろに なって僕を責め立てるように渦巻いて そしてまた雨が止んで雲が晴れていくように 夏が少しまた遠ざかっていく 雨蛙の唄家路を急ぐ人の群れ 信号待ち並んだ車のライトが点いて そしてまた雨が止んで西の空が染まっていく ほんの一瞬だけ時間が止まったように ほんの一瞬だけ時間が止まったように

アーティスト情報

ほんの少しでも惜しまれて終わりにできたらいいな

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or