歌詞

作詞:ORKII, young suck kick

作曲:スライディングが普通の歩き方

俺は手掴み お前皿使い 俺 腹 空なのになんで食ってんの ところでお前のサラリッパ 腹減ったもう食うの無え こうなりゃ使う奥の手 youの目 耳 鼻 口 全部にぶつけるこの困窮のメッセージ 芸術?は?糞食らえ this生きるための手段ソングライティング 廃品からメイク生活用品 程遠いぜ贅沢 上品 コーヒー飲みながら俺らを見下し こき使われて俺らは日暮し かしましいダチたちはnot like you 俺は少ない配給食いながらマイク使ってのし上がるそういうタイプ 上流階級 so good待遇 超ぐったりするそういうサイクル 知らんって言って無視 止まらん底辺shit いつできる?ノックアウトあいつら blah よく考えてよ悪いの奴ら 落雷頼むよ神様奴らにザッツライト サラリッパ 価格に囚われたジェントリー 御宅と比べたら天と地 どこの子供でも泣くほどの孤独の縄ほどくのは俺のこのマイク 奴らは全て表面上 見せてやるこれが桃源郷 口から出てくる怒涛のリリック どんな宝より心に響く 歪な暮らし I wanna 奴らクラッシュ かつてなく転落さす 選ぶ変革 ラブがなくない?それやばくない?お前ら実際人生落第扱い 注意しな 0時まわる夜道その口打ち込むバスドラム スラムで生まれ育った俺の目がくらむぜ まるでブランデー飲んだように この韻とビートに乗って酔ってしまったこの快楽は もうグラムでいうと約一万グラムの金 そうその皿二万皿分だ 今まさに踏んだ韻に沸かんやつおらんよご覧よ俺というブランド 給料日までどうしよう 金の切れ目が俺の寿命 you know 長寿の双子葉 育つためには養分がどうしても超重要 今週の食べ物すらない けど困窮もうこのままならdie おいしゃもじよそっておくれよご飯をごまんと ところでお前のサラリッパ

アーティスト情報

2010年に東京で結成されたグルーヴ・ポップの新星。 重厚かつ軽妙なドラムビートに、ブラックでうねりのあるベースサウンドが絡むカラフルなビート感覚。エッジの効いた粘りあるギターループと、煌びやかなシンセサイザーとが作り出すトリッピーな音響世界をバックに、2MCから放たれるリリック達が溢れ踊る。 洗練され、一切の無駄が排除された彼等のサウンド・ライブパフォーマンスは、東京の音楽シーンを席巻する。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or