叶わない

日向寺昌美
2,026
6
0

楽曲解説

両思いなはずの彼には好きな人がいた。 初めて彼に呼びだされ、喜びながら逢いに行くと思いがけない告白が…。 「それでもいいから側にいたい。」儚く叶わない恋を描いた曲。

歌詞

作詞:日向寺昌美

作曲:日向寺昌美

今までの恋とは想像もできない そのくらい悲しい恋だったんだ あなたがほんとに愛していた人は私じゃない あの子と別れてすぐに何事もなかったように 君が1番って目をして強く抱きしめた でもね気づいてたのずっとあなたの本当の気持ちを 忘れたいから。誰でもいい。 心の穴埋める道具でしょ? それでもいいと思うほど私 好きになっていたんだね あなたの隣にいるほど分かるから 届くことのない片思い 私ただ普通の幸せがいい 恋人のはずなのにどうしてなの? あなたがいつも見ている人は私なんかじゃない デートも寄り添う時も浮かない表情でしょ? 連絡するのはいつも私からだった そんなあなたが初めて会おうと言ってくれた 嬉しくてつい張り切ったその時まだ何も知らずに 何でもいいからあなたの側に 1番近くにいたいだけなの 刹那に散る片思いでも いいのずっと待っているから 19時に図書館の前 いきなりの連絡だった 向かい風がやけに冷たくて 何か言いたそうにして 口を開いて出た言葉涙も失った それでもいいと思うほど私 好きになってたんだね あなたがあの子のところに戻ること 止めることもできないまま これでいいんだ言い聞かせなくちゃ まぶたの裏ふと浮かぶあなたを 忘れられずにいるのずっと 届くことのない片思い 世界で1番大好きでした

アーティスト情報

茨城県出身シンガーソングライター。2017年よりオリジナル曲を作成しはじめ、ライブハウスや路上ライブを中心に活動している。また傍らでアイドルやアニソンの仮歌なども行っている。 2019年12月14日には横浜O-SITEにて ​4thワンマンライブを開催し満員御礼で披露した。​ ソロ活動と並行して、シンガーソングライター「Honami」と「日向寺昌美」による新ユニット“えのぐ”を結成。ハスキーボイスのHonamiと、透き通った歌声の日向寺昌美の相性は抜群。作詞作曲から衣装、メイク、ライブ演出なども2人によって作られている。 2019年8月11日、えのぐとしては、初のツーマンライブ「オムライス」を開催。同時に3曲入りCDも発売した。えのぐとしては、JFL日本フットボールリーグの、FC大阪の応援ユニットとしても活動し、ホームゲームでは毎回えのぐのライブパフォーマンスが繰り広げている。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or