オブリビオン 〜ラックマンと落し物の歌〜

キャラバン
42
1
0

歌詞

作詞:あま

作曲:あま

もしも笑う暇がないと言うなら 焼けて消える実と知ろう 扉を開ける気もしないから 僕は立ち尽くしていた もしもこの街を背負えぬのならば 満ちた渇きを拭おう ガジュマルに括り付ければまた 逆さの唄を歌うんだ 異端者な仕振りも才気な振りも  絡まった淀は捨ててゆけよ 砂漠で枯れた花の香をぎゅっと 抱いて歩め ルララ 息を吸って生きている 何かを忘れたままで 揺らぐ燈はきっと灯り続ける 僕らの星がすぐ側にあるから 踏みとどまることのない光の傍へ 僕らは唄を歌う 誰も聞こえちゃいない唄を  涙に暮れている日には君と二人でゆこう それでもこの心が帰来のためだけだと歌っている 星が紡ぎだしたランタンを 源の縁に託してゆく 継ぎ接ぎだらけの心さえ 朝を告げた雨上がりを見たのさ あまりに眩しくて美しい世界で 笑えなくなることや悲しむことが 分かり合えたらいいのにな そんなことは無理だろうけど 今は何もない空っぽの箱は 涙に暮れて溢れてゆく ルララ 手を繋いで歩いて行こう 真っさらな一つの道を いつか辿り着いたその時は 僕が君の導になれたらいいな 旅はどこまでもほらちゃんと続くからさ 手に入れてはまた取り零す それでも僕なんて続いてゆく 涙の後から流れていく 知らない言葉も教えてね

アーティスト情報

バンドで活動中。よろしく。 Vo&Gt&Art(あま) Ba(@ponta_7329) Dr(@wima3310) HP工事中。

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs Project/パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or