ヒトガタ

△の街灯
91
1
0

楽曲解説

△の街灯2nd single『ヒトガタ』より

歌詞

作詞:AYATO

作曲:AYATO

この心は駄目だったみたいだ 吹き荒ぶ雑踏の中で もう見えない 一人だった もう分からない誰の事も 自分の心の形さえ知らずに 誰かの心を知ったようにさ 語るなんて どこかで聞いた言葉を切って 並び替えたものを 自分自身の言葉と言って ゆらゆら揺れながら ただ「不良品だった」 それだけなら? 誰かが言った 「壊れてしまった」 胸に残って 離れないから 離れないから僕は 壊れた欠片を組み直したけれど 本当の人の心の形は 分からずに どこかで聞いた言葉を切って 並べ替えたものを 自分自身の言葉と言って ゆらゆら揺れてさ ヒトガタの何かになって 無限に続く苦しいの中 ただあなたを待った 死なないまま

アーティスト情報

東京4ピースピアノロックバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or