片恋の果て

水無月セイヤ
90
0
0

歌詞

作詞:Seiya

作曲:Seiya

気づけば同じ職場の あなたに恋してた 全然タイプじゃないのに どうして恋したの 誰も知らなくていいよ 私だけの想い あなたがいるから私は がんばれていた それなのにあなたは もうすぐいなくなる まだ何も知らないのに 離れていってしまう いつか終わりが来るとわかってても それでも幸せでしたなんて 言えない 強くない 一度だけでいいから その笑顔私に向けて欲しかった きっともう二度と顔を 見ることもできない きっともう二度と声を 聞く事もできない 愛さなくていいから そばにいてくれたら それだけでよかったのに... 声にならない叫び いつか終わりが来るとわかってても それでも幸せでしたなんて 言えない 強くない 一度だけでいいから その笑顔私に向けて欲しかった 溢れる涙はアルコールと流した あと少しだけでも笑顔でいたいから 苦しい気持ちは生ゴミと捨てた さよなら 今まで大好きでした

アーティスト情報

切ない恋愛ソングをピアノ弾き語りで歌います

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or