白鯨

群青ガム
62
2
0

歌詞

作詞:猫山捺稀

作曲:タカハシス ゲン

瞼閉じれば 久遠の様 白い土の下 君が眠る ベランダの海 咲いた花束の群れ ビルの谷間から クジラが覗いていた 海の匂いに攫われた願い 記憶を食べて 私の明日を 狂気に飲まれた 忘却 意味はもう無い 続くと思っていた灰になる未来 鯨波の声に 明日を願う声

アーティスト情報

オルタナ、マスロック、スリーピースバンド

shea

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or