未恋

606号室
1,893
0

歌詞

作詞:昇栄

作曲:606号室

未恋 君に恋をしたわけではない 君といる時間に恋をしたんだ 夕暮れ沈む街 消えていく君を思い出していた 真夜中午前2時 肩合わせ行ったコンビニ 私と君の物語はもう終わったんでしょ 先のページは作れやしないと 私は栞を挟んでるままだ 君に恋をしたわけではない 君といる時間に恋をしたんだ ねぇそうでしょ 君を忘れたいわけじゃない 君といた時間を忘れたいんだ ねぇそうでしょ ねぇそうでしょ ねぇそうでしょ 君は悪くないよ 夕暮れ昇る月 君の好きだった私はいない 真夜中昇る星 虚しくなるほど輝いていた 強がって、強がって分かんなくなって 強がって、強がってまた気づいて あの日の約束を破ったのは 君なのに 君に恋をしたわけではないんだ ねぇそうでしょ 君に恋をしたわけではない 君といる時間に恋をしたんだ ねぇそうでしょ 君を忘れたいわけじゃない 君といた時間を忘れたいんだ ねぇそうでしょ ねぇそうでしょ ねぇそうでしょ 君は悪くないよ

アーティスト情報

2022年1月23日結成 606号室からあなたのもとへ!

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or