madoromi

Bearwear
0
0

楽曲解説

約1年ぶりとなった新作『madoromi / Carry On』をリリースしました。 バンドとして初のアコースティックギターを導入し、Garage Bandで録音した身の回りの環境音を取り入れる など、生のバンドサウンドとベッドルーム感覚の双方を共存させた作品。バンドとして初の日本語詞に挑戦した楽曲「madoromi」の2曲入りシングルとなっています

歌詞

作詞:Kazma Kobayashi

作曲:Kou Ishimaru

まっしろに目に焼きついたままの 天井のあかりと夜に沈む ゆめの中へだたりなんてないから まどろみの奥でどう生きる まだ消えないな 何も返す言葉なく  さびつく体くずれてゆく まっしろに静寂ならす音は おぼろげなノイズと夜に混じる 窓の外見たくないものばかり ふりやんだ雨も気づかない まだ消さないで あなたに似て頼りなく ゆれる煙とたわむれてる まだ消さないで 何も返す言葉なく さびつく体くずれてゆく まっしろに目に焼きついたままで

アーティスト情報

tokyo indie rock Bearwear. Kazma(Lyric/Vo)、kou(Music/Arrange/Ba)の2人を中心に結成された インディ/オルタナティブロックバンド。 様々なジャンルのバンドからサポートメンバーを迎えフレキシブルな体制で活動。 2018年春にリリースしたシングル「e.g.」がネット上のインディ・ファンの間で注目を浴びると、 すぐにネット・レーベルAno(t)raks のコンピレーション1 曲目に選曲されるなど話題を呼んでいる。 若手ディレクターPennacky が監督した MV「e.g.」はアジカンのGotch 氏も大推薦。 エモシーンのみならず、ハー ドコア、インディロック、ポップスシーンなどからも注目を集める。 2018年10月に初の流通作品『DREAMING IN.』をリリース。 2020年3月には2nd Mini Album『:LIVING IN THE ECHO CHAMBER』をリリース。 同年8月にはフジロックのオーディションステージに出場し、 11月には渋谷club asiaにて初の冠企画<:CHAMBER FEST>を開催。

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or