歌詞

作詞:タクミ

作曲:タクミ

怯え震えながら歩いて 何かに苛まれてる 自分で選んだ日々が 嫌になりそうで ベクトルの違う方へ 手を伸ばしてみたとして 間違ってはないけど合ってもない気がした 未だ見ぬ 始まりのこの街から 空高く飛ぶ日を 待ち望んでいる 涙声で叫んだ言葉を 拳を握って誓った明日を 激しく打たれた鼓動の中で 僕らまだやれると信じた全てを 選んで刻んでまた繰り返して 遥か空のその先に きっと逢いにゆく 昨日に怯える弱さを 明日を見据える強さを 涙声で叫んだ言葉を 拳を握って誓った明日を 幾千万分の確率の中で 僕らまだやれると信じた全てを 選んで刻んで繰り返した答えが間違いでも その続きを望んでいる 何億光年の道のりの中で 過ぎゆく日々に置いてかれぬように 光って足掻いてまた繰り返して 遥か空のその先に 今逢いにゆく

アーティスト情報

北海道発ギターロックバンド Vo. Gt.(@Takumatia09) Gt.(@net_meme_) Ba.(@ykym0602) Dr.(@fmk__drm)

shea

ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です
また、フォローするには
ログインが必要です

確認

この楽曲はフォロワー限定公開です

フォローする

この楽曲はアプリ限定公開です

▼免責事項
掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報はEggs / パートナー企業が提供しているものとなります。
Apple Inc、アップルジャパン株式会社は、掲載されているキャンペーン・イベント・オーディション情報に一切関与をしておりません。
提供されたキャンペーン・イベント・オーディション情報を利用して生じた一切の障害について、Apple Inc、アップルジャパン株式会社は一切の責任を負いません。

アーティストとリスナーを繋ぐ
新しい無料音楽プレイヤー

page top

ログイン

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、
同意のうえ登録・ログインしてください。

利用規約およびプライバシーポリシーを確認し、同意のうえ登録・ログインしてください。

or
or

アカウント登録はこちら

アカウント登録

or